股擦れ(またずれ)で臭いが発生する原因とは? 有効な対策はある?

51fb35596b49bf01e89b82838d25b273_s

皮膚に痛みや腫れなどが出て、とても不快な股擦れ(またずれ)。
それだけでも辛いのに、股擦れの状態によっては臭いまで発生してしまうのですからたまりません。
周囲の人に気付かれないか心配で、外出を控えたり、公共の乗り物を避けたりしている方も多いのではないでしょうか?
股ずれによって臭いが出る原因や対策について解説するので、ぜひ参考にしてください。

もう股ずれしたくない!股ずれから解放されたいならコレ!

なぜ股ずれで臭いが発生する?

股ずれでくさい臭いが出るのは、そこが汗で蒸れやすい場所だからです。
汗をかいて湿った肌には雑菌が繁殖しますが、雑菌が汗を分解する時、あの独特の臭いが発生します。
放置すればするほど雑菌の数が増え、汗も分解されていくので、臭いはどんどん強くなるばかり。
股ずれしやすい人は、デオドラント対策にも気を使うようにしましょう。

股ずれによる臭いを防止するための方法

<ズボンや下着に消臭スプレーをかけておく>
汗をかきやすい人はできればこまめに着替えたり、シャワーを浴びたりできると良いのですが、外出先では難しいですよね。
そこで役立つのが、衣類用の消臭スプレー。
身に着ける前にシュッとかけておくだけなので、忙しい朝も手軽に使えます。

また、繊維そのものに消臭機能のある物質を練り込んだ衣類を着るのもおすすめ。
嫌な臭いを吸着・分解してくれるので、こまめに着替えなくても股ずれによる臭いを長時間防止できます。

<肌に制汗剤を塗っておく>
汗をかく前の肌に制汗剤を塗っておくと、雑菌の繁殖を防いで臭いを抑えてくれます。
「汗の臭いを消す道具」というイメージが強いせいか、汗をかいてから制汗剤を使う人も多いのですが、雑菌が繁殖してしまってから使っても、実はあまり意味がありません。
汗をかいてしまった時は、デオドラントシートなどで雑菌ごと拭き取ってから塗るようにしましょう。

<デリケートゾーンにみょうばんスプレーを吹きかけておく>
股ずれによる臭いの発生源は、太もも部分だけではありません。
デリケートゾーンが蒸れたり、擦れたりすることによっても臭いが出やすくなるので、ここも忘れずにケアしておきましょう。

基本は、お風呂で毎日キレイに洗うこと。
低刺激の石鹸を使い、上からなでるように優しく洗ってあげてください。
女性の中にはデリケートゾーンの内部まで丁寧に洗う人がいますが、これを続けると体に必要な常在菌がいなくなり、かえって悪臭が出やすくなるので要注意!
ひだの部分に汚れが残らないよう気を付けながら、外側だけをしっかり洗いましょう。

次に、汗で雑菌を繁殖させないための対策……となるわけですが、デリケートゾーンに制汗剤を使うのはちょっと刺激が強すぎます。
そこでおすすめなのが、手作りのみょうばんスプレー。
肌に余分な刺激を与えることなく、皮膚の表面を雑菌が苦手とする酸性に変えてくれます。
材料は焼きみょうばんと水だけなので、コストが安いのも嬉しいですね。

▼みょうばんスプレーの作り方
空のペットボトルに水1500mlと焼きみょうばん50gを入れ、蓋をしてよく振ります。
みょうばんが溶けるまでにはある程度の時間がかかるので、そのまま冷蔵庫に入れて一晩置きます。
みょうばんが溶けて水が透明になっていれば、原液の出来上がりです。
使う時は、原液を約10倍に薄めてからスプレーしてください。

生理期間中の股ずれと臭い対策

生理期間中は、ナプキンや経血で陰部が蒸れ、いつもよりさらに雑菌が繁殖しやすくなります。
締め付けると余計に臭いやすくなるので、ボトムスはズボンよりスカートのほうがおすすめ。
ナプキンが摩擦で擦れるのを防ぐため、できれば自転車に乗るのも控えたほうが良いでしょう。
通勤などでどうしても自転車に乗る必要がある人は、シリコンでできた鈴型のカップを膣内に挿入して経血を受け止める「月経カップ」を使うと、臭いが外に漏れにくいですよ。

臭いが染み付いてしまった衣類の洗濯方法

股ずれをしやすい人の衣類には、蓄積された臭いが染み付いてとれなくなることがあります。
普通に洗濯しても落ちない場合は、次の方法を試してみてください。

<漂白剤でつけ置きをする>
たらいに50度ぐらいのお湯を張り、洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を適量入れて溶かします。
その中へ臭いのとれない衣類を浸け込み、軽く揉み洗いしたら20分ぐらい放置しましょう。
全体をざっとすすぎ、洗濯機に入れていつものように洗濯したら完了です。

<煮洗いをする>
大きめの鍋にお湯を沸かし、適量の洗濯用洗剤を入れて溶かします。
その中へ衣類を入れ、時々全体をかき混ぜながら約10~20分煮沸消毒しましょう。
その後、たらいの水にとってざっとすすぎ、洗濯機で通常通りに洗ってください。
※黄ばみがなく、気になるのが臭いだけの場合は、洗剤を使わなくてもOKです

<重曹で臭いを中和する>
たらいに30~40度ぐらいのお湯を張り、適量の重曹を入れて溶かします。
その中へ衣類を浸け込み、約30分放置してから軽くすすいで洗濯機で洗いましょう。
普段の洗濯に重曹を加える方法もありますが、粒子が溶け残ると洗濯機のホースが詰まる可能性があるので、水ではなくお湯を使ってください。
万が一詰まった場合は、上からお湯を流し入れると詰まりが解消されますよ。

股ずれの臭いを防止するポイントは雑菌の繁殖を抑えること!

股ずれによる臭いの原因や対策について、いかがでしたか?
あの独特の臭いは雑菌が汗を分解することによって発生するので、デオドラントに気を配ることが大切です。
消臭下着やみょうばん水などの便利アイテムも上手に使いながら、清潔な皮膚を保ちましょう。
衣類の臭いが気になったら、漂白剤や重曹を使った洗濯方法も試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る