【動画有り】メンズスーツのズボンが股擦れ(またずれ)で破れる!主な原因や上手な直し方

bc641559acb00f377976605393a25801_s
Pocket

皮膚が擦れて赤くなり、ひどい場合は腫れや水ぶくれも引き起こす股擦れ(またずれ)。
被害はそれだけじゃなく、ズボンの股下が破れることもあるので注意が必要です。
特に、毎日のように使うメンズスーツのズボンは寿命が短くなりがち。
そこで、股ずれによってスーツに股裂けが起こる原因や対処法、直し方をリサーチしました。
ぜひ、参考にしてください。

メンズスーツの股下が破れる原因1:同じズボンを使いまわす

メンズスーツのズボンが破れやすいのは、それだけ使用頻度が高いからです。
おしゃれな人はいろいろなタイプのスーツをたくさん持っているかもしれませんが、通常はせいぜい2、3組のスーツを着まわす程度。
そのため、布地が徐々に擦り切れて薄くなり、ある日突然「ビリッ!」と破れてしまうのです。
通勤以外ではほとんど動かないデスクワークの人でもこうなのですから、営業で毎日長時間歩きまわる人は、スーツの買い替えに費やす金額もかなり多いのではないでしょうか。

▼対処法
ズボンが破れるたびに上着まで新調していたのではいくらお金があっても足りないので、新しくスーツを購入するたび、パンツだけ2本作っておくと便利です。
近頃では、最初からズボンが2本セットでついてくる「ツーパンツスーツ」を販売するお店も増えているので、こうした商品をうまく利用してみましょう。
ただし、この場合は2本目のズボンを大事にしまっておくのではなく、1本目と交互に使うことが大切。
ズボンだけ新品同様では、使用感が出た上着との釣り合いがとれないので気を付けてください。
また、同じズボンを続けて使うと湿気がとれず、ズボンが傷みやすくなるので、そうした意味でも2本のズボンを交互に使うことには意味があります。

メンズスーツの股下が破れる原因2:ズボンの生地が薄い

股ずれによるズボンの股裂けは、あの生地が厚いジーンズでも起きます。
スーツに使われる生地はジーンズより薄いので、繰り返し着用すれば破れるのも当然なのですね。
さらに、春夏・秋冬それぞれのシーズンに合わせたスーツでは、少しでも涼しく着られるようにするため、春夏用のほうが薄い生地で作られています。
おまけに春夏は汗をかいてズボンの中が蒸れることも多く、これがまた太ももの股ずれに拍車をかけ、布地にもダメージを与えてしまうのです。

▼対処法
先の項目で説明したように、最初からズボンだけ余分に作っておくのがおすすめです。
そして、それぞれのズボンに内側から当て布をして補強しましょう。
当て布はスーツを購入したお店でしてもらっても良いですが、やり方を覚えれば自宅でもできます。
その際「ハートシック」や「蝶シック」と呼ばれる、股ずれ防止専用に作られたものを使うと便利ですよ。
シックは汗を吸う役目も果たすので、春夏用のズボンにはぜひつけておきたいアイテム。
ハート型や蝶型の他には、リーフ型、菱形、丸型、ブーメラン型などもあります。

<ズボンの破れを防止するシックのつけ方>
1. スーツのズボンを裏返し、ファスナーの一番下の部分にシックのトップ部分が来るように合わせる。
2. 全体の位置を決めたらシックの両端をまち針やしつけ糸で固定し、トップ部分をしっかり縫い留める。
3. シックの下の部分も同様に縫い留め、まち針やしつけ糸を外して左右も縫い留めたら出来上がり。

メンズスーツの股下が破れる原因3:肥満

太っている人は痩せている人に比べて太もも同士が擦れやすいので、どうしても股ずれします。
歩くたびに左右のお肉がたぷたぷとぶつかるなら、ちょっと太りすぎ。
今までの生活習慣を見直して、太もも痩せダイエットを始めましょう。
脂肪が減ると体内の熱がスムーズに外へ排出されるようになるので、汗による蒸れも回避することができますよ。

▼対処法

<通勤手段を変える>
毎日、電車やバス、自家用車を使って通勤している人は、これをできる範囲で徒歩や自転車に変えてみましょう。
歩いたり、ペダルを漕いだりすることは「有酸素運動」になり、たっぷりの新鮮な酸素を吸い込むので脂肪が燃えやすくなります。
また、エレベーターやエスカレーターを使う習慣のある人は、これを階段に変えるだけでも効果がありますよ。
無理をしても続かないので、いつもよりちょっとだけ頑張るのがコツ。
電車の車内で、座らずに立つようにするなんていうのもおすすめです。

<スクワットよりも脚を細く出来るストレッチ&トレーニング>

スクワットのようにハードな動きは必要ないので、運動の習慣がない人でも気軽にトライできるストレッチ。
体をぐっと伸ばすので気持ち良いです。

<【太もも細く】キツイけど効果的な下半身を引き締める方法とは?>

こちらは、かなりハードなトレーニング。
慣れるまで大変ですが、習慣にしてしまえば体もスムーズに動くようになるので頑張りましょう!

<足を細くする方法、男向け足痩せダイエット5選>

男性特有の体質を考慮し、効果的に足痩せする方法を5つ教えてくれる動画。
スクワット、ジョギング、ストレッチ、リンパマッサージ、骨盤矯正体操のポイントがよく分かります。

汗と摩擦を抑えてくれる、クリームや下着

「とりあえず、今すぐ股ずれをなんとかしたい」という場合は、市販の股ずれ防止クリームや下着を使うと良いでしょう。
専用のクリームには皮膚同士の摩擦を軽減させる成分が配合されているので、出張や営業で長時間歩きまわる日の朝に塗っておくと、かなり楽になります。
スパッツ、レギンス、ロングタイプのボクサーパンツ、タイツ、ステテコなどのインナーを使うなら、通気性や吸汗性に優れたものを選びましょう。
サラッとした肌触りで蒸れや摩擦を防いでくれるので、1日中快適に過ごすことができます。

<モモンヌケアクリーム/(株)メディカルアルファラボ/8,078円(税込)、定期コースなら4,838円(税込)>
公式サイト

女性用というイメージが強いクリームですが、男性でも使うことができます。
摩擦プロテクト3大成分が皮膚同士の摩擦を和らげる他、トラネキサム酸などの美白成分がメラノサイトに働きかけ、黒ずみを防止する効果も。
塗った後はサラッとした感触になるので、スーツのズボンもベタつきません。

<エアリズム ステテコ/(株)ユニクロ/1,069円(税込)>
公式サイト

まるで空気をまとっているかのように心地良い、軽くて涼しい使用感のステテコ。
かいた汗がすぐに乾くドライ仕様と、嫌なにおいを抑えて雑菌の繁殖を防ぐ抗菌防臭加工で、スーツの足元を快適に保ちます。

メンズスーツの股裂けを修理する方法

スーツの破れは放っておくとどんどん広がっていくので、こまめに点検し、早めに修理を依頼するようにしましょう。
専門店では、主に次のような方法で股裂けを直していきます。

<ミシン刺し>
スーツの破れた部分に裏から布を当て、均一の間隔でミシン糸を縫い込んでいく修理方法。
共布があると直した部分が目立ちにくいので、購入時についてきたものを大事に保管しておいてくださいね。

<割り継ぎ>
避けた部分が大きく、ミシン刺しで直せない場合は、破れたところを切り取って共布で割り継ぐ方法もあります。

<かけはぎ>
かけはぎは「かけつぎ」とも呼ばれる専門技術。
共布をスーツの模様に合わせて当て、少しずつ織り込んでいくことで破れを目立たなくします。
参考動画

▼メンズスーツの修理にはいくらぐらい必要?

股ずれによって破れたスーツのズボンを自分で直すのは難しいので、修理は専門店に頼むことになりますが、料金の相場は1ヶ所あたり2,000~8,000円程度。
ミシン刺しや割り継ぎよりも、かけはぎのほうが割高になります。
高いお金を出して買ったものや、よほど気に入っているものであれば直してもらったほうが良いですが、量産型のスーツなら新しく買い直したほうが経済的かもしれませんね。

▼直接お店に持っていけない場合はどうする?

忙しくて持っていく時間がとれなかったり、近くに適当なお店がなかったりする場合は、郵送で修理を受け付けてくれるお店を利用する方法もあります。
送料がかかるので多少割高になりますが、わざわざ預けに行き、またそれを取りにいく手間が省けるので非常に便利。
サービスを提供するお店はどんどん増えているので、ネットで検索してみましょう。

メンズスーツの股ずれは事前の工夫で防ぐ!

メンズスーツのズボンが破れてしまう原因やその対処法、股裂けの修理方法について説明しましたが、いかがでしたか?
いくら高度な技術を使っても、一度破れてしまったスーツを元通りにすることはできないので、長持ちさせるためには事前の予防が大切です。
シック、ツーパンツスーツ、クリーム、インナーをうまく活用すると共に、太ももを細くするためのダイエットを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る