汗疹(あせも)を作らない!あせもの原因・対策と治し方

0f50e86e0459c7053c78c5a96963fe40_s
Pocket

汗をかく季節になると、いつの間にかおしりや背中などにできる、ブツブツした汗疹。
かゆいだけでも辛いのに、赤くなって目立ったり、掻いた部分が跡になって残ったりするので困りますよね。
それに赤ちゃんや子供、大人(妊婦さん)では汗疹ができてしまう原因は違うことがあります。

そこで、汗疹をできにくくする対策や、上手な治し方についてリサーチしました。
ぜひ、参考にしてください。

汗疹(あせも)ができる原因

汗疹ができるのは、かいた汗をスムーズに排出させることができず、汗の通り道である「汗管(かんかん)」が詰まってしまうからです。
汗疹ができやすいおしり、背中、腕、首、顔のおでこや鼻、脇などは、汗をかきやすく、乾きにくい場所なので、こまめな汗対策が必要。
特に、蒸れやすい赤ちゃんのおむつには要注意です。

赤ちゃんの汗疹(あせも)対策

<おむつ>
気温の高い夏はもちろん、暖房や衣服で温めすぎることのある冬も、赤ちゃんのおしりに汗疹ができやすい季節。
おむつの中をこまめにチェックして、快適に保ってあげることが必要です。
不潔にしていると雑菌が繁殖して余計に皮膚トラブルが悪化するので、おしっこやうんちをしたらすぐに取り替えましょう。
自宅にいる時は、時々シャワーでおしりを洗い流してあげると良いですね。

<頭>
赤ちゃんはよく頭に汗をかくので、帽子をかぶせる時には注意が必要です。
できるだけ通気性の良いものを選び、暑そうにしていたらすぐに外してあげるようにしましょう。
また、枕などの寝具に雑菌が繁殖しないよう、常に清潔に整えてあげることも大切です。

<背中>
背中はもともと汗をかきやすい場所ですが、まだ寝ていることの多い乳児は特にこの部分が湿っぽくなりやすいです。
背中に入れておき、汗をかいたらさっと引き抜くグッズを使ったり、ローションで保湿をしたりして、肌の状態を健やかに保つようにしましょう。

子供の汗疹(あせも)対策

外で活発に動き回ることの多い幼児や学童期の子供は、汗をかいてもそのままでいることが多く、汗疹ができやすいです。
ハンカチやタオルを持たせてこまめに拭くように教えたり、吸汗速乾機能のあるインナーを着せてあげたりして、できるだけ皮膚を清潔に保てるような工夫しましょう。
中学生・高校生なら制汗剤を使うのも良いですが、小学生までの子供には刺激が強すぎることもあるので注意
どうしても使いたい時は、一般的な制汗剤ではなく、子供のデリケートな肌にも安心な処方のクリームを選ぶようにしましょう。

大人の汗疹(あせも)対策

大人の場合は、赤ちゃんや子供に比べて対策がしやすく、使えるグッズの選択肢も増えてきますが、猛暑の日が多いこともあって汗疹に悩む人は少なくありません。
特に、寝ている時、スポーツをする時、通勤や仕事でよく歩く時などは、頭や体がベタベタして気持ち悪いですよね。
忙しくてついそのままにしてしまうこともあると思いますが、汗疹予防のためには、できるだけこまめに汗を拭き取るようにしましょう。

<頭>
毎日のシャンプーで、頭皮や髪を清潔に保つことが大切。
寝る前には必ず汗やほこりを落としてさっぱりさせ、毛穴が詰まらないように気を付けましょう。
濡れた髪は傷みやすいし、蒸れて余計に汗疹ができやすくなるので、タオルドライ後は速やかに乾かしてください

<顔>
顔は汗やメイクで不潔になりやすいので、できれば数時間ごとにメイクを落とし、顔を洗ってからやり直すのが理想です。
しかし、仕事を持っている人や、外出先でメイクを落とすのに適当な場所や時間がない時には、朝のメイクから帰宅までそのままというのが普通ですよね。
そこで重要なのが、朝の一工夫で肌の状態を整え、汚れがつきにくい状態にしておくこと。
洗顔→化粧水→乳液(またはクリーム)で保湿をしたら、下地でファンデーションとの間に膜を作ってあげましょう。
面倒だからといって保湿ケアを省くと余分な皮脂が出やすくなりますし、素肌に直接ファンデーションを塗ると毛穴や皮膚に成分が浸透してしまうので気を付けてください。

<首>
髪の長い人は、まとめ髪にして首を出すようにすると汗をかきにくくなります。
冬はタートルネックやマフラーなどで首元を覆うことが多いですが、室内でエアコンが効いていると汗ばんでしまうので、状況に応じて調節できるようにしましょう。
また、ネックレスも首筋に汗がたまる原因になるので、暑い日の使用には十分に注意してください。

<背中>
背中は広範囲に汗をかくので、そのままだと気持ち悪いですよね。
吸汗速乾機能のあるインナーを使ったり、こまめにデオドラントシートで汗を拭き取ったりして、できるだけサラッとした状態を保つようにしましょう。
お風呂で洗う時は、手が届きにくいので、タオルや柄付きのスポンジを使うなどの工夫が必要。
湯上りには全体にベビーパウダーをはたいておくと、余分な汗を吸い取って肌への刺激を抑えてくれます。

<腕>
関節を折り曲げることで汗がたまりやすい肘の内側も、汗疹ができやすい場所です。
半袖の服ではここまで布地が届かないので汗を吸わないし、他の部分ほど注意を払わないので、かいた汗がそのままになりやすいのですね。
パソコン作業で肘を曲げっぱなしにすることの多い人は、休憩時間に腕を伸ばし、デオドラントシートで汗を拭き取るなどの工夫をすると良いですよ。

<股>
股の部分は汗で湿気がこもり、非常に蒸れやすい場所です。
おまけに動くたびに太もも同士がこすれて強い刺激を受けるので、汗疹のような皮膚トラブルが頻発しやすいのです。
特に、ぽっちゃり体型の人や、よく歩いたり走ったりする人は、こうした症状に悩まされやすいのではないでしょうか。
ボトムスは通気性の良いものを選び、吸汗速乾機能のあるインナーで汗対策を。
お風呂上りにベビーパウダーやローション、クリームを塗っておくと、汗を吸着したり、皮膚同士の摩擦を防いだりするのに役立ちます。

<おしり>
常に下着や洋服に覆われ、座ることによって圧迫されやすいおしりは、体の中でも特に皮膚トラブルの出やすい場所です。
気温の高い日は、長時間椅子に座った後で立ち上がるとズボンのお尻のあたりがじっとりと湿っていて気持ち悪いもの。
しかし、首や腕のようにその場ですぐに汗を拭き取るわけにはいかないので、ついそのまま放置してしまいがちなのです。
おしりに汗をかきやすい人は、かばんの中に下着を入れて持ち歩き、トイレでこまめに取り替えましょう。
その際、デオドラントシートでかいた汗を拭き取り、ベビーパウダーをはたいておくと、サラサラの肌触りが長持ちしますよ。

妊婦の汗疹(あせも)対策

妊娠中は体温が上がるため、ちょっとした行動でも汗をかきやすくなります。
おまけに、お腹を守るために腹帯や妊婦帯をするので暑さが倍増!
ホルモンバランスの変化で肌がデリケートになっていることもあって、皮膚トラブルが出やすいのです。
次のような対策をとり、嫌な汗疹を予防しましょう。

・吸汗速乾機能のあるインナーを使う
・汗をかいたらシャワーで洗い流す
・通気性の良い素材の服やパジャマを選ぶ
・締め付けすぎない腹帯や妊婦帯を使う
・エアコンを上手に使って室温を調整する
・長い髪はコンパクトにまとめる
・刺激の少ない石鹸やシャンプーを使う
・ネックレスなどのアクセサリーはできるだけ使用を控える

妊婦さんの場合、自己判断で薬を使うと思わぬ影響が出ることもあるので、まずはこのような工夫で汗疹予防に努め、できてしまった汗疹が悪化するようなら早めに皮膚科や産婦人科で相談してください。

汗疹(あせも)のかゆみ対策

汗疹につきものなのが、思わずバリバリ掻きむしりたくなる不快なかゆみ。
特に、我慢のきかない年齢の子供は、つい掻いてしまって悪化し、そこからとびひに移行することもあるので注意が必要です。
※とびひ:黄色ブドウ球菌などの細菌に感染し、水疱ができるもの。人にうつるので、幼稚園や学校で流行してしまうケースも多い。

どうしてもかゆくて我慢できない時は、患部を保冷剤や氷を包んだタオルで冷やしてみてください
ひんやりとした感触がしつこいかゆみを和らげ、かゆみの元となる「ヒスタミン」の分泌を抑えてくれます。
それでも辛い時は、市販のかゆみ止めを使うのも1つの方法でしょう。

汗疹(あせも)の原因となる食べ物、防いでくれる食べ物

汗疹と食べ物、一見なんの関係もないように思えますが、食べたものによって皮膚トラブルがひどくなったり、逆に防ぐことができたりするので、食生活は重要です。

▼汗疹を悪化させる食べ物
・肉類
・チョコレート
・乳製品
・香辛料などの刺激物

これらの食べ物には、皮膚の炎症を悪化させたり、血液の流れを妨げたりする作用があります。
汗疹ができている時に控えるのはもちろん、普段からあまり取り過ぎないように気を付けましょう。

▼皮膚の炎症を鎮めたり、汗疹の治りを良くしたりする食べ物
・亜麻仁油
・脂肪酸を多く含む魚(まぐろ、さんま、にしん、鮭、さばなど)

▼皮膚を丈夫にして炎症を防ぐ食べ物
・緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど)
・果物(パイナップル、レモンなど)

▼発汗や炎症を抑え、免疫力を高める食べ物
・ごぼう

薬局で買える、汗疹(あせも)対策に人気の薬ランキング

「皮膚科に行くほどではないけれど、汗疹を早く治したい」という時には、市販の治療薬が便利です。
よく選ばれている人気のものを紹介します。

<1位:ポリベビー/(株)佐藤製薬/価格記載なし>
main_photo

公式サイト

非ステロイドの塗り薬で、赤ちゃんから大人まで幅広く使用できます。
デリケートな肌にも安心して塗れるよう、皮膚を保護したり、皮膚の生成を促したりする成分を配合。
汗疹の他、湿疹、皮膚炎、ただれ、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましんにも効果があります。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ、腫れなど
※かゆみ止め効果:あり

<2位:ユースキン あせもクリーム/(株)ユースキン製薬/842円(税込)>
pic_etc_01_l
公式サイト

さっぱりとした使い心地でベタつかず、お出かけ前にも塗りやすい、非ステロイドのクリームです。
皮膚をしっかり保湿しながら、雑菌の繁殖を抑えて汗疹の症状を抑えていきます。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ、腫れ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感など
※かゆみ止め効果:あり

<3位:アセモテーマS/(株)万協製薬/価格記載なし>
asemotemakuris

公式サイト

炎症を抑え、雑菌を殺菌して汗疹を治す、非ステロイドのクリーム。
速乾性のパスタ剤なので、ベタつかず塗りやすいです。
局所収れん作用で皮膚を保護しながら患部の乾燥を促すので、じゅくじゅくせず治りが早くなります。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ、腫れなど
※かゆみ止め効果:あり

<皮膚トラブルの緩和に人気の「オロナインH軟膏」について>
家庭用の常備薬として高い人気を誇る「オロナインH軟膏」には、皮膚の炎症を鎮めたり、患部を消毒したりする効果があります。
そのため、汗疹の治療に使う人も多いのですが、公式サイトでは汗疹にも使えるとの明確な記述はありません。
それどころか「湿疹(ただれ、かぶれ)」には使用しないようにとの注意書きがあるので、あまり使わないほうが良いでしょう。

皮膚科でもらえる汗疹(あせも)の治療薬

自宅ケアで汗疹を治せそうになかったり、跡が残るのが心配だったりする時は、早めに皮膚科で診察を受けましょう。
その際は、主に次のような薬が処方されます。

<リンデロンVG>
汗疹のような皮膚トラブルにはよく使われるポピュラーな薬。
抗炎症効果、抗菌作用で皮膚の腫れや赤みを抑え、短期間で症状を鎮めていきます。
※副作用:発疹、発赤、かぶれ、毛細血管拡張、皮膚萎縮、にきびなど
※重篤な副作用:緑内障、白内障、眼圧亢進(長期間の使用による)
※かゆみ止め効果:あり

<ロコイド>
皮膚の炎症を鎮め、腫れや赤みを和らげて汗疹を治していくステロイド薬です。
※副作用:発赤、刺激感、毛包炎、掻痒感、乾皮様皮膚炎など
※重篤な副作用:緑内障、白内障、眼圧亢進(長期間の使用による)
※かゆみ止め効果:あり

<アズノール>
患部を保護しながら、穏やかな作用で炎症を和らげる薬。
ステロイドではないので、赤ちゃんの汗疹治療にもよく使われています。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ(ただし、非常に起こりにくいとされている)
※重篤な副作用:なし
※かゆみ止め効果:あり

薬以外での汗疹(あせも)の治し方

汗疹の症状がそれほどひどくない場合には、次のようなやり方でかゆみや赤みを和らげる方法もあります。
ただし、体質に合わない場合は、効果が見込めなかったり余計に悪化したりする可能性もあるので、違和感を覚えた時はすぐに中止してください。

<緑茶パック>
緑茶1:小麦粉2の割合で用意し、そこへ水を少しずつ加えながら耳たぶぐらいの固さになるまでこねていきます。
出来上がったものを汗疹が気になる部分に塗り、5~10分放置したら、パックを外して保湿ケアを行ってください。

<アロマ>
良い香りでリラックスできるアロマには、皮膚のトラブルを緩和させてくれる、次のような種類のものもあります。
アロマオイルを溶かしたぬるま湯にガーゼを浸したもので患部を拭いたり、お風呂のお湯に溶かしたりして使ってみましょう。
混ぜ物がしてあるものでは安全性が確立できないので、必ず「精油100%」のものを選び、万が一使用中に違和感を覚えた場合はすぐに中止してください。

・ティーツリー/抗菌作用、抗炎症作用
・ラベンダー/抗炎症作用、、抗真菌作用、消毒作用
・カモミール/抗炎症作用
・ペパーミント/抗菌作用、抗真菌作用
・パチュリ/抗菌作用、抗炎症作用、抗真菌作用

部位別・汗疹(あせも)の治し方のポイント

<おしり>
おしりは何かと不潔になりやすい場所なので、下着をこまめに取り替えたり、ベビーパウダーをはたいたりして、清潔を保つことが大切。
また、意外と乾燥しやすい部位でもあるので、お風呂上りにはローションやクリームでうるおいを与え、肌のバリア機能を高めるようにしましょう。

<首>
首に汗疹ができたら、できるだけ覆わないようにして通気性を良くし、清潔を保つようにしましょう。
汗をかいたら早めにデオドラントシートで拭き取り、ローションやクリームで保湿をしてください。
手が届きやすいのでつい掻きむしってしまいますが、悪化を防ぐためにも保冷剤で冷やすなどして乗り切りましょう。

<背中>
背中は手が届きにくいので、柔らかいタオルや柄の長いスポンジを使って、しっかり洗うことが大切。
インナーは汗を素早く乾かしてくれるものを選び、できるだけ清潔を保つようにしましょう。
寝る時の寝具やパジャマも、こまめに洗って雑菌の繁殖を防いでください。

<腕>
腕も、掻きむしることで汗疹が悪化しやすい場所なので要注意。
皮膚が露出していると目立つし、肘の内側に汗も溜まりやすいので、夏でも通気性の良い長そでの服を着ると良いでしょう。

<顔(鼻・おでこ)>
おでこはできるだけ前髪がかからないようにして、顔の他の部分も手で触らないように気を付けましょう。
洗顔は1日2回、刺激の少ないマイルドな使い心地のもので汗や雑菌を洗い流してください。
洗顔後は、ローションや乳液で保湿を行いますが、汗疹ができている時に油分の与えすぎは良くないので、乳液は軽くで十分。
メイクはしないほうが良いですが、どうしても必要な時は肌への負担が少ないパウダータイプのファンデーションを使いましょう。

<脇>
脇は皮膚同士が密着しやすいので「汗脇パッド」などのグッズを上手に取り入れ、汗がたまらないように工夫しましょう。
汗疹ができている時は刺激が強いのでやめたほうが良いですが、普段からこまめにムダ毛を処理しておくのも清潔を保つのに役立ちます。
お風呂では低刺激の石鹸を使って優しく洗い、ローションやクリームで保湿をしましょう。
お出かけ前には制汗剤やベビーパウダーをつけておくと、汗や雑菌の繁殖を抑えやすくなります。

汗疹(あせも)が跡になって残ったらどうする?

汗疹がひどくなると、患部が色素沈着を起こして跡が残ることがあります。
原因はメラニンなので、美白ケアをすることで少しずつ薄くなりますが、放置すればするほど治しにくくなるので、気付いたら早めにお手入れを始めるようにしましょう。
角質層が十分なうるおいで満たされるとターンオーバーのサイクルが整うので、保湿ケアをしっかり行うことも重要です。

汗疹(あせも)対策は予防が肝心! 清潔を保ち、汗管の詰まりを防ごう

汗疹ができる原因や対処法について説明しましたが、いかがでしたか?
汗そのものが汗疹の原因になるわけではありませんが、通り道である汗管が詰まると汗が皮膚の中に溜まり、周辺組織に漏れ出すので注意が必要。
できるだけ汗をかきにくく、肌を清潔に保つ工夫をして、汗管の通りをスムーズにしましょう。
できてしまった汗疹は、基本的なスキンケアや薬で早めに治してあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る