女性のカミソリ負けの原因と対策!ムダ毛処理のストレスを緩和させる

2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0_s
Pocket

カミソリを使った脱毛は、低コスト・手間いらずでとても便利なのですが、肌への刺激が強いところが難点です。
せっかくムダ毛をなくしてツルツルになっても、肝心の肌がカミソリ負けではがっかりですよね。
そこで、カミソリが肌にダメージを与えてしまう原因や、その対策についてリサーチしました。
ぜひ、参考にしてください。

カミソリ負けとは?

「カミソリ負け」は、脱毛の際に皮膚がカミソリによって傷つき、炎症を起こしてヒリヒリしたり、ブツブツができたりする症状を指す言葉。
手入れの悪い刃を使っていたり、毎日のように同じ場所を剃ったりする人は、特にカミソリ負けをおこしやすいので注意してください。

また、カミソリ負けは電気シェーバーによっても起こります。
カミソリよりは肌当たりが柔らかいものの、物理的に刃で皮膚の表面を削っていることに変わりはないので、こまめにチェックして常に良い状態の刃を使うようにしましょう。

カミソリ負けを起こさせないための対策

<顔のムダ毛を剃る時>
顔に産毛や髭が生えていると影ができて暗く見えるし、化粧ノリも悪くなるので、ムダ毛を処理しておくことは非常に大切です。
しかし、顔の皮膚は体の他の部分に比べると、薄くてデリケート。
よほど気を付けて処理しないと、脱毛のダメージですぐにカミソリ負けしてしまいます。

顔を剃る時は、まず洗顔をして余分な皮脂や汚れを洗い落としましょう。
不潔なままの状態では雑菌が入ってニキビができやすくなるし、カミソリやシェーバーの刃が引っかかりやすくなります。
そして、剃りたい部分にシェービングクリームを塗り、肌の角質を保護してあげてください。
剃り終わった後は、化粧水や乳液でうるおいと油分を与えて仕上げましょう。

<脇のムダ毛を剃る時>
半袖やノースリーブを着る季節になると、気になるのが脇の下です。
ムダ毛の濃い人なら毎日剃ることもあると思いますが、脇はお手入れしにくい形状なので、無理な力がかかったり、間違った方向に剃ったりしてしまいがち。
顔を剃る時と同じように、肌を清潔にすること、シェービングクリームを使うことも大切ですが、脇の場合は次のようなポイントも意識してみましょう。

▼蒸しタオルでムダ毛を柔らかくする
脇の下に生える毛は濃く、太いので、そのままの状態だとうまく剃れないことがあります。
清潔にした肌に蒸しタオルを当て、柔らかくしてからカミソリやシェーバーを当てましょう。

▼皮膚をしっかり伸ばす
脇の下の皮膚がたるんでいると剃りにくいので、鏡を見ながら腕をしっかり伸ばし、皮膚をフラットな状態にしてから剃り始めましょう。
カミソリやシェーバーの刃は、毛の生えている方向に動かすと肌に負担がかかりにくく、キレイに剃れます
処理が終わった後は、化粧水や乳液でお手入れをして仕上げてください。

<デリケートゾーンのムダ毛を剃る時>
デリケートゾーンは、脇よりもさらに形状が複雑でムダ毛処理が難しい場所。
下着からはみ出す部分を「Vゾーン」、膣の周りを「Iゾーン」、肛門の周りを「Oゾーン」と呼んで区別していますが、傷つけると大変なので細心の注意が必要です。
次のポイントを意識して、安全に、美しく処理をしましょう。

▼長いムダ毛は短くカットする
デリケートゾーンに生えるムダ毛は長いので、そのまま剃ると刃に絡まってうまくいかないことがあります。
石鹸で洗って清潔にしたら、はさみを使って剃りやすい長さにカットしましょう。
その後、蒸しタオルを当てて柔らかくし、シェービングクリームを塗ってから処理に取りかかってください。
刃を動かす方向は、脇と同様「毛の流れに逆らわない」ことが大切です。

▼カミソリよりも電気シェーバーが安心
デリケートゾーンには粘膜があるので、カミソリのような鋭利な刃物で剃るのはちょっと危険。
よほど慣れているならともかく、不安な人は電気シェーバーを使ったほうが安心でしょう。
ムダ毛が太くてシェーバーだけでは残ってしまうという場合は、最後の仕上げだけカミソリで行うという方法もあります。

▼粘膜の部分に保湿剤をつけない
ムダ毛処理の仕上げに欠かせない保湿ケアですが、粘膜の部分に化粧水や乳液をつけるのは刺激が強すぎるので、その周りを避けて塗るようにしましょう。

<足のムダ毛を剃る時>
足のムダ毛は比較的剃りやすいので、お出かけ前にカミソリやシェーバーでささっとお手入れしている人も多いでしょう。
しかし、処理の手軽さと仕上がりのキレイさが必ずしも比例するとは限らず、ブツブツや赤みが目立って結局スカートやショートパンツが履けないなんていうことも……。
足の場合も、まず皮膚を清潔にすること、必ずシェービングクリームを塗ることを守った上で丁寧に行い、最後は保湿ケアで仕上げましょう。
季節を問わずよく目につく部分なので、自己処理に限界があるならエステやクリニックでの脱毛も検討してみてくださいね。

カミソリ負けしにくくするためのコツ

<刃をこまめに交換する>
カミソリ負けを避けるには、こまめなチェックで常に刃を良い状態にしておくことが大切です。
使ってみて切れ味が悪いと感じたら、そろそろ新しい刃に交換するタイミング。
最低でも月に1回、できれば週に1回は新品のものに取り換えましょう。

<脱毛に向かない時期を知っておく>
女性の肌の状態はホルモンによって左右されるので、敏感になりやすい生理前や生理中はできるだけ脱毛を避けるようにしましょう。
脱毛に適しているのは、エストロゲンの分泌量が増える生理後。
エストロゲンには肌をしっとりさせる効果があるので、肌トラブルも起きにくくなります。

<それぞれの部位に適した道具を使う>
カミソリやシェーバーには、いろいろな形や大きさのものがあります。
処理したい部位に適したものを選べば、より安全でキレイに仕上げることができるので、次のポイントを押さえて選んでみましょう。

▼顔
小回りの利く、ヘッドが小さめのものが適しています。
形状はT字型よりもI字型がおすすめ。
誤って傷をつけると大変なので、慣れないうちは安全ガード付きのものを選ぶと良いでしょう。
シェーバーを選ぶ時も、顔用に作られたものなら細かい部分が剃りやすいし、眉用のアタッチメントが付いたものもあって便利です。

▼脇
脇を剃る時は、握りやすいT字型がおすすめ。
脇用に特化したものなら脇のカーブにぴたりと当てることができるので、より動かしやすく、キレイに仕上げることができます。
シェーバーなら、脇に当てやすい形状のボディ用を選びましょう。
お風呂で使いたい場合は、防水かどうかもチェックしておいてくださいね。

▼デリケートゾーン
デリケートゾーンのムダ毛は、剃ると毛先が尖ってチクチクします。
普通のカミソリやシェーバーでは防ぐことができないので、ある程度根元が残ってもかまわないというのであれば「ヒートカッター」がおすすめ
熱でムダ毛を焼き切る仕組みなので、処理後の毛は先が丸くなっており、下着からツンツンと飛び出すのを防いでくれます。

▼足
足は範囲が広いので、ヘッドが大きめのT字型カミソリが適しています。
ただし、カミソリだと皮膚の角質まで一緒に削ってしまうので、頻繁に処理したい人はヘッドが大きめのシェーバーを使うと良いでしょう。

カミソリ負けしてしまった場合の対処法

カミソリ負けを起こした場合、痛み、かゆみ、ヒリヒリ感、赤み、湿疹、ブツブツなどの症状が出てきます。
また、カミソリによってできた傷から雑菌が入り込めばニキビができることもあるし、皮膚が傷ついて埋没毛になることも
早めのケアが重要なので、気付いたらすぐに治療を始めましょう。

<市販薬を使って治す>
症状がごく軽い程度なら、次のような市販薬を使って治すこともできます。

▼オロナインH軟膏/(株)大塚製薬/価格記載なし
oronine
公式サイト

患部を殺菌し、消毒して、カミソリ負けの症状を鎮めてくれる薬です。
ニキビにも有効なので、髭を剃った後の赤いブツブツが気になる時にも。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ、腫れ、乾燥、ひび割れなど

▼ケアレケア/(株)池田模範堂/918円(税込)
51biS9zhNIL._SX466_
公式サイト

カミソリ負けによる、赤み、ブツブツ、かゆみを和らげ、傷ついた皮膚組織を修復してくれる薬です。
保湿効果が高いので、ヒリヒリする部分でもしみにくく、なめらかな感触の肌に整えてくれます。
※副作用:発疹、発赤、かゆみ、腫れなど

<病院での治療>
カミソリ負けの症状がひどい、悪化するという場合は、早めに皮膚科へ行きましょう。
皮膚トラブルが起きている原因を調べた後、カミソリ負けによるものと診断されれば、抗菌効果のある内服薬や、抗炎症作用のある塗り薬が処方されます。

ムダ毛が濃く、頻繁な自己処理が必要な場合は、皮膚科で「医療レーザー脱毛」を受けるのも1つの解決法です。
出力の高いレーザーを使うので痛みが強く、費用も高額ですが、毛根を完全に死滅させてしまうので、処理が終わった部分はもうほとんどムダ毛が生えてきません。
また、黒いメラニン色素に反応する仕組みなので、皮膚の下で埋もれてしまった埋没毛もしっかり脱毛することができます。
ただし、施術する医師の腕によって痛みや仕上がりに差が出てくるので、口コミなどの情報をよく調べ、評判の良いクリニックを選ぶようにしましょう。

<肌のコンディションを整える>
どんなによく効く薬を使っても、肝心の肌の調子が悪ければ脱毛によるトラブルを避けきれません。
顔はしっかりお手入れする人でも、体はおざなり……というケースが多いので、お風呂上りには体にも化粧水やクリームを塗り、肌のバリア機能を高めるようにしましょう。
ボディクリームを使うなら、まだ肌が濡れており、ぽかぽかと温まっている、湯上り直後がベストタイミング。
水分を取り込みながら適量を塗り込み、最後に柔らかいタオルでそっと押さえるようにして余分な水気をとってください。

カミソリ負けを防ぐには、事前の準備が必要不可欠

カミソリ負けしてしまう原因や、その対処法について説明しましたが、いかがでしたか?
乾燥した状態で剃ったり、アフターケアを怠ったりするとトラブルが出やすいので、美しく仕上げるには事前の準備が必要。
使うカミソリやシェーバーも、部位ごとに適したものを選びましょう。
処理と処理の間の間隔を空けることも大切なので、ムダ毛が濃い場合は医療レーザー脱毛も検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る