なぜできる太ももの肉割れ!ひどい肉割れの原因と消す方法5つ

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s
Pocket

太ももはなにかと美容上のトラブルが起きやすい場所。
股擦れ(またずれ)、セルライトもそうですが、肉割れに悩まされる人も多いので、しっかりケアしていきたいところです。
でもなぜ、太ももに肉割れの症状が出てしまうのでしょうか?
考えられる主な原因と、その消し方について解説するので、ぜひ参考にしてください。

太ももに肉割れができる原因

太ももの肉割れは、急に太って皮膚が引っ張られることによってできます
少しずつ太る場合はこれに伴って肌内部の組織も徐々に変化していきますが、早いスピードで皮膚が引っ張られると追いつけません。
そのため、真皮層のコラーゲン組織に傷がついて引き裂かれ、肉割れとなって肌表面に表れるのです。
また、皮膚が急激に縮んだ場合にも肉割れはできやすくなるので、体重のコントロールに気を配り、体型が極端に変わらないようにしましょう。
尚、成長期で身長が急に伸びたり、運動で筋肉が発達したりした時にも、肉割れができるケースは多いです。

また、歩く時に甲やかかとへ力を入れる癖のある人も、太ももに強い負荷がかかって肉割れができることがあります
サイズの合っていない靴や、ヒールの高い靴を履いている時にこのような歩き方になりやすいので、靴を選ぶ時は必ず試しに履いてみて、あまりヒールの高いものは避けるようにしましょう。

さらに、血行不良でターンオーバーがスムーズに行われず、老廃物が溜まったり、乾燥したりして、皮膚が固くなっている人も肉割れを起こしやすくなります
下半身が冷えると血行が悪くなるので、運動や半身浴で十分に体を温めるようにしましょう。
お風呂上りには、クリームを塗って乾燥を防ぐことをおすすめします。

太ももにできる肉割れの症状

個人差はありますが、太ももに肉割れができる時、だいたい次のような経過をたどることが多いです。

第1段階:皮膚が伸縮し、太もも周辺にピリピリとした軽い痛みやかゆみを感じる
第2段階:コラーゲン組織が縦に断裂し、太もも全体にたくさんの赤い線ができる
第3段階:赤い線がだんだん白くなり、そのまま定着してしまう。ひどい場合はすいかの模様のようになることもある

肌にピリピリとした刺激を感じても、ほとんどの人は「ちょっと乾燥してるのかな?」としか思いません。
そのため、まさか皮膚の内部に変化が起きているとは思わず、放置してしまうのですが、肉割れは早い段階でケアをすることがとても大切!
違和感に気付いたらクリームでの保湿や血行促進を積極的に行い、それ以上の悪化を防いでください。
ただ、このようなケアをしたとしても、肉割れを完全に止められるとは限らないので、できてしまった時は次のような方法で治していきましょう。

できてしまった肉割れの治し方

<マッサージ>
クリームを手に取り、膝のあたりからお尻へ向かって、手で絞り上げるようにマッサージします。
使うクリームはできれば「肉割れを消す効果がある」と謳われているものがベスト。
市販の肉割れクリームには予防を目的として保湿効果を高めたものが多いですが、アフターケア専用のものは配合成分が工夫されているのです。
たとえば、コラーゲン生成やターンオーバーに役立つ「ビタミンC誘導体」、細胞の生まれ変わりを促す「成長因子」など。
さらにマッサージで血流を良くし、余分な老廃物を流すことで、クリームの効果がぐんとアップします。

<サーマクール>
皮膚科で受けられる治療法で、ラジオ波(高い周波数を持つ電気信号)の熱によってコラーゲン生成を促し、皮膚の凹んだ部分を修復させていく効果があります。
冷却保護システムによって表面をクールダウンさせながら熱エネルギーを照射していくので、肌ダメージが起きにくいところも魅力。
また、引き締め効果があるので、太もものたるみ解消にも役立ちます。

※料金の相場:400ショットで80,000~100,000円程度(通常は1度で治療が終了)

<ニューダーマローラーEX>
極細の針が付いた電動ニードルを肌に当て、1分間に約6万個もの穴を開けることで自然治癒力を促す治療法。
傷ついた部分を治そうとしてコラーゲン生成が活発になるので、肌が内側からふっくらして肉割れが目立たなくなります。
熱エネルギーを使わないので、ダウンタイムが短く、日常生活にもほとんど支障はありません。

※料金の相場:1回あたり60,000~70,000円程度(1ヶ月に1度の治療を5回ぐらい)

<フラクセルレーザー>
皮膚の深い部分にまで届くレーザーで点状に小さな穴を開け、これを治そうとする働きを利用して肌を新しく入れ替え、肉割れを目立たなくする治療法です。
一般的なレーザーに比べて1つ1つの照射ビームの直径が小さいため、肌への負担も最小限に抑えられます。
ただ、施術中に痛みを感じることがあるので、気になる場合は麻酔をしてもらいましょう。

※料金の相場:1回あたり60,000円程度(1ヶ月に1度の治療を4~6回ぐらい)

<タイタン>
赤外線のフラッシュランプを真皮層に照射し、コラーゲン生成を促しながら皮膚を引き締める治療法。
冷却システムによって皮膚に触れる部分を20℃に保つので、気になる痛みやダメージがほとんどありません。

※料金の相場:1回あたり40,000~80,000円程度(1ヶ月に1度の治療を5回ぐらい)

太ももの肉割れはこまめなケアで予防! できてしまったら早めの対処を

太ももに肉割れができる原因や、その治し方について説明しましたが、いかがでしたか?
体質によってはしっかりケアしていてもできることがありますが、急激な体重の増減を抑え、保湿ケアをしていればそれほどひどい状態にはなりません。
万が一肉割れができてしまった時は、早めの対処で悪化を防ぐことが大切。
クリームを使ったお手入れで対応できない時は、皮膚科での治療も検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る